出会い系サイトには犯罪が潜んでいる

shutterstock_211452760
現在、インターネット上には様々な出会い系サイトが乱立しています。
もちろん、中には優良な出会い系サイトもあるようですが、どの出会い系サイトにも共通していえるのは、相手は見ず知らずに人物であるということです。
ちょっとメール交換して、すぐに会う約束を取り付けてしまう…そこには犯罪が眠っているのかもしれません。

ぎゃるるのニュースなどでは出会い系サイトに関する犯罪が大変多くなっています。
例えば、未成年の女の子がSNSと呼ばれる掲示板に書き込み、そこで知り合った男性と会ったものの、複数の男性にレイプされてしまったという事件もあります。
また、出会い系サイトで知り合った人物と性的な関係になり、そのときの一部始終をビデオや写真に収められ、それをネット上に流すなどと脅迫され、金品を要求されるケースもあります。

一見すると、その被害者は女性ばかりのように思われがちですが、実は男性が被害者になるケースもあります。
例えば、ある女性と知り合ったもの、待ち合わせ場所に行ってみると、複数の男性がおり、金品を要求されたというケースもあります。
また真剣な出会いを求める出会い系サイトでは、結婚詐欺の被害に遭うというケースもあるのです。

このように出会い系サイトに関連する事件は、何もそこで知り合った人から被害を受けるというだけではありません。

出会い系サイトそのものから被害を受けることもあるのです。
例えば、最も良くあるのが、サクラの存在です。
プロフィール検索をした結果、「この人だ」と思う人物とメールのやり取りをしたものの、その人物が実はサクラだったというケースです。
これは有料の出会い系サイトに多く潜むもので、実際はサクラには出会いう気はまったくなく、メールの送受信などで多くのお金を課金させようとしているだけなのです。
そのため、出会えると思っていても、実は出会うことがまったく出来ない…そのような犯罪に見舞われることもあるのです。

出会い系サイトに関わることで、犯罪に巻き込まれる危険性もあることを認識しておくことが大切です。
まず基本は出会い系サイトを利用しない、そして利用しても相手には絶対に会わない…自分の身は自分で守ることが重要なのです。

出会い系サイト関連の犯罪の手口は多様化している

shutterstock_383832445

近年はインターネットの普及に伴って、携帯電話さえ持っていれば、子どもでも簡単に出会い系サイトに登録できるようになりました。
それに伴って、出会い系サイトに関する犯罪に巻き込まれるというケースが急増していると言う時代背景があるのです。

かつては、出会い系サイトにおける犯罪は女性の方が圧倒的に多いとされていました。
とりわけ未成年が犯罪に巻き込まれるケースが多く、その多くは強姦や拉致、ポルノなど性的犯罪で占められていました。

しかし、女性ばかりではなく男性も出会い系サイトによる犯罪に巻き込まれる件数も増加してきました。
例えば、援助交際を持ちかけてきた女性に出会ったところ、バックに複数の男性の影があり、金品を盗まれたり、援助交際をしようとしていたことを家族や会社にばらすなどと脅迫され、さらに金品を要求すると言ったケースが挙げられます。
このような犯罪に巻き込まれる男性は、成人した人に多いのが特徴で、それは女性とは対照的なものになっていました。

ところが、近年では出会い系サイトによる犯罪はより多様化しています。
また、犯罪の手段もより巧妙なものになり、また奪い取られる金額も、かつては数千〜数万程度だったものが、現在では数百万円など高額に及ぶケースも増えているのです。

例えば、近年の不況の折、出会い系サイトは単に「異性に出会うための手段」だけではなく、「就職のためのツール」としても使われるようになっています。
就職を斡旋するための企業との出会いを支援するとうたっている…そういった種類のものです。
こういった場合、愚痴を聞いてくれたら報酬を差し上げます…といったような甘い文句に誘われたところ、「報酬の受け取り手数料を支払ってください」といったように、お金を要求されるというケースが事例として挙げられます。

この他にも悩み相談や占いなどのサイトにおいても、手数料名目で金銭を要求し、結果的に騙し取られてしまったという被害が後を絶ちません。
つまり、かつての出会い系サイトにおける犯罪には、性的な欲望や男女の出会いなどが潜んでおり、未婚者や不倫をしている人が中心になっていましたが、現在ではそのような出会いを求めていなくとも、犯罪に巻き込まれる可能性があるのです。
まずは出会い系サイトや掲示板には書き込まない、そして金銭を要求されても支払わないなど、自分の身を守る対策が必要です。

更新情報